赤みのあるニキビ跡に困った時は

思春期の頃はニキビができても跡などは時間とともに
綺麗になくなっていたのに大人になるにつれ、やっと治っても
跡がなかなか消えてくれませんよね。
赤みが残っていたりデコボコが残っていたりして
なかなかニキビ肌が完治しないままなので、結局そのような
肌状態は新しいニキビを生みやすいのでニキビ跡が完治する前に
次々とまたできてしまうことがあるのです。

ニキビ跡が消えない原因は、ターンオーバーの乱れや、
アクネ菌が毛穴の奥に残っているせいだったり、
肌の潤いが十分でなかったり、様々な要因が考えられますが
やはり正しいスキンケアは大事なので必ず行って下さい。

赤みのあるニキビ跡の場合、まだ肌が炎症を僅かでも起こしている
ということなのでその炎症を鎮めるような効能のあるニキビ用化粧品を
使うようにして下さい。赤みのあるニキビ肌はデリケートですから
できる限り添加物の少ない刺激のない化粧品を選ぶようにしたいですね。
尚且つターンオーバーを促進する働きもある化粧品ならばベストです。

コメントを残す